×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

厚生労働省が認可する美白成分別解説

美容液ボトル

厚生労働省が2012年12月時点で美白成分として認可しているのは15種類です。

 

  1. ビタミンC誘導体
  2. アルブチン
  3. エラグ酸
  4. トラネキサム酸セイル塩(TXC)
  5. コウジ酸
  6. ルシノール
  7. リノール酸・リノール酸S
  8. カモミラET
  9. トラネキサム酸(tAMCHA)
  10. プラセンタエキス
  11. マグノリグナン
  12. D・メラノ
  13. ロドデノール
  14. エナジーシグナルAMP
  15. 4・メトキシサリチル酸カリウム塩(4MS)

 

上記15種のうち一つでも含有していれば、美白効果を謳うことができ
医薬部外品の美白化粧品として販売がかのうということです。


その他の美白成分

美容液ボトル

厚生労働省認可医薬部外品美白有効成分リスト外成分

 

厚生労働省認可医薬部外品美白有効成分リストには入っていない成分の中にも
有効な美白成分もあり、これらは一般の美白化粧品の中に配合されています。

 

  1. 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  2. ハイドロキノン
  3. アスタキサンチン

 


10分間美白法! 「アクア美白法」


更新履歴