×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫外線

MENU

化粧品で紫外線対策をする?

紫外線は夏に限らず、一年を通じて降り注いでいるものです。

 

そのため、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策は常に行っておく必要があると言われています。

 

最近では、紫外線をカットできる化粧品が数多く販売されており、愛(人に与えることでもらえるようにもなるそうです)用している方も少なくありません。

 

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)を防止する効果が期待出来る化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)には、PAやSPFという表示があるとはいえ、これがどういう意味を持つのかご存知ですか?

 

まず、PAとは紫外線のA波をカットできる度合いを示しており、+の数が多い程強力です。

 

以前は三段階に分かれていましたが、現在では四段階になり、++++の表示のものが最も強力な商品だと言えますね。

 

また、SPFは紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)防御指数の事で、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)のB波をどれぐらいカットすることができるのかを数値化したものです。

 

SPFの数値が大きいほど、高い効果を発揮するのです。

 

例えば、SPF1は約20分、SPF15なら約5時間、SPF30なら約10時間などのように、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)カットの効果持続時間が長くなっていくはずです。

 

しかし、SPF値が高い場合には、その分紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)吸収剤や紫外線散乱剤が多く配合されているため、肌に負担を掛けてしまうものです。

 

いつもの暮らしを送る中では、SPF30程度で十分になりますよね。

 

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)は色々なものによっても反射しますので、日傘(これだけでは紫外線対策とはしては不十分なので、日焼け止めクリームも塗る必要があります)だけでは防ぎきれないことがあります。

 

紫外線対策効果を有する化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)を使用し、ちゃんと防いでください。

 

そして、こういった化粧品を使用した時は、必ずクレンジングをするようにした方がいいです。

紫外線対策にいい栄養素って?

紫外線対策に摂取するといい栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、活性酸素(活性酸素を消す酵素であるSODやその酵素と同様の働きをするといわれているSOD様食品も注目されています)を抑えて、皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)に必要であるコラーゲン(動物にとっては、建物でいえね骨組みにあたる細胞の土台のような役割を果たしている繊維状のタンパク質です)合成を促進するのでに、ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)を摂るようにしましょう。

 

ビタミンCはアセロラやレモン、キウイフルーツ、ブロッコリーやカリフラワーなど、果物や野菜に多く含まれているんですね。

 

それに、細胞膜を守って酸化を防止するため、ビタミンEも摂ってください。

 

ビタミンEはナッツ類や植物油、南瓜、うなぎなどに含まれていますが、微量ではあるものの、食品全般に含まれる為摂取しやすいはずです。

 

また、β−カロチンも代謝によっても失われたビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Aになる為、日常から摂りたい栄養素の一つですね。

 

β−カロチン含有量の多いにんじん、ほうれん草、春菊など、色の濃い緑黄色野菜を食べるようにしてください。

 

美白を目指す方には、皮膚の新陳代謝を促してくれるビタミンB2がオススメです。

 

レバーや鰻、納豆(「ナットウキナーゼという成分が健康に良いといわれています)、卵などを食べてください。

 

皮膚のターンオーバー(生化学者のルドルフ・シェーンハイマーが発見したといわれています)を促すコエンザイムQ10も紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策によい栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)とはいえ、普通の食事では摂取が難しいため、サプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)などで補うと良いでしょう。

 

それから、魚や大豆に?多く入っているL−システインも、メラニン生成を抑えて、皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の新陳代謝を高めてくれるみたいですよ。

 

栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)を考えながらこれらの食材を摂取するように心がけて、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策をした方がいいのです。

紫外線対策をしないとお肌はどうなる?

紫外線を浴びると、肌はすごく大きなダメージを受けてしまいますね。

 

紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策をせずに放っておけね、次第にハリが失われたり、シミやそばかすなどの肌トラブル(生活習慣やストレス、食べ物や化粧品などの他、急激な気候の変化なども要因になります)を引き起こしてしまうのです。

 

特に紫外線が多くなるのは、5月〜7月です。

 

そのため、夏になってから紫外線対策を始めたり、お肌の手入れをはじめても遅いとされています。

 

また、紫外線は一年中降り注いでいらっしゃいますから、常に紫外線対策をする必要があるのです。

 

紫外線は目に見えありませんから、つい対策を怠りがちとはいえ、子供のうちから紫外線対策をしておきたいものです。

 

子どものうちに紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)を浴びると、その悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)は10年後、20年後になって現れたりもします。

 

シミやシワは当り前として、皮膚が厚くなってしまうり、皮膚癌になってしまう場合もあるでしょう。

 

それに、肌に限らず、白内障や光誘発角膜炎という目の病気(先天的なものも少なくないでしょう)になってしまうこともあります。

 

紫外線の悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)は遅かれ早かれ、確実に現れてきます。

 

そうならないためにも、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策はしっかりと行いたいなんですよ。

家の中でも紫外線は入ってくるの?

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)のB波というのは外壁や窓ガラスに吸収されるため、家の中や車の中にいれば浴びる心配はありません。

 

しかし、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)のA波は窓ガラスを通過し、室内へ侵入します。

 

日のあたる窓のカーテン(光を遮ったり、外から覗かれるのを防ぐ他に、防音効果も期待できます)の外側だけが日に焼けていたり、長時間日のあたる場所に置いておいたものが変色したりしていることはないでしょうか?

 

それは紫外線が窓を通過して、室内に入ってきている事です。

 

外の紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)照射量が100パーセントとして下さい。

 

すると、日のあたる窓辺では約80%、日の当たらない室内でも紫外線は色々なものに反射して、約10%は入り込んでいるかもしれません。

 

曇っている日の室内でも注意は必要不可欠です。

 

紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)Bと比べれね紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)Aは健康への悪影響(予防することで悪い影響を受けずにすむでしょう)は少ないとは言え、毎日浴び続けると将来的にはシミやたるみが現れてしまうケースもあるらしいです。

 

紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)の侵入を防止するには、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)をカットできる窓ガラスにしたり、シートを貼ったり、遮光カーテン(光を遮ったり、外から覗かれるのを防ぐ他に、防音効果も期待できます)でも防ぐ事ができます。

 

それでも心配という人は、紫外線を防止する成分を配合した化粧品や日焼け止めを塗るようにしましょう。

紫外線にも色々種類がある?

よく紫外線と一言でいいますが、3つの種類があります。

 

・紫外線A波(UVA)
・紫外線B波(UVB)
・紫外線C波(UVC)

 

これらの3つです。

 

まず、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)A波は体への悪影響(青少年への影響が懸念されることが多いものですが、実際にはそれほど影響がないことも)が最も少ないはずですが、天気などには無関係に、一年中降り注いでいます。

 

私達が日頃浴びている紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)の約90パーセント以上は、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)A波です。

 

紫外線A波は真皮まで届くため、シワやたるみの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となってしまいます。

 

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)B波は表皮にしか届きませんが、その有害性は紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)A波の100〜1000倍強いと言われています。

 

皮膚ガンや白内障の原因となるので、一番気をつけなければならない紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)です。

 

太陽光を浴びて赤くなったり、痛くなったり、みずぶくれになったりといった日焼けの症状というのは、この紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)B波が原因とされています。

 

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)C波は最も危険で、がんの発症率が高くなるでしょう。

 

オゾン層で吸収されるため、地表までは届いていありませんが、オゾン層の破壊がすすんでいるため、標高の高い山などでは確認されているところもあります。

 

医療現場などでは人工的に紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)C波を作り出し、殺菌灯として使用してみるほど強力です。

色々なグッズを使って紫外線対策をする?

紫外線対策グッズには、色々な商品がありますよね。

 

定番のものといえば日傘ですが、従来のものと比べると、かなり優れたものになっています。

 

例えば、暑さを感じにくくしますからに表面に銀色のコーティングが施され、太陽光や紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を反射することを出来ている物もありますし、扇風機内蔵のものまであるんですね。

 

それに、紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)を遮断する素材を使用しているTシャツなど、衣服も多く販売されていますよね。

 

また、車での紫外線対策グッズも多いのです。

 

車によっては、99%紫外線をカットするガラスがフロントガラス(海外の車両の場合には、衝撃を受けると粉々になるガラスを使っていることが多いそうです)などに使われているのです。

 

クリップで挟むだけのワイドバイザーや貼ってはがせるUVシート、窓に塗るだけで紫外線をカットしてくれるUVリキッドなども便利だと思います。

 

サングラス(マジックミラーや偏光ガラスが使われていたり、度が入っていたりすることもあるでしょう)もメガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)をかけた人用のものができています。

 

メガネ(度?などがわかれね、オンラインで購入することも可能ですね)の上からかける事が出来るので、度付きのサングラスを用意する必要がありません。

 

ただ色が濃いのみでは視界が暗くなってしまって、瞳孔が広がってかえって目に紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)が多く入ってしまうのです。

 

サングラスを購入する際には、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)をカットする加工がされているものを選びましょう。

日焼け止めで紫外線対策をする?

紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)対策をしている方なら、今までに日焼け止めを使ったことがあるはずです。

 

でも、日焼け止めも正しく使わなければ、効果があまり得られなかったり、肌に負担をかけてしまいます。

 

日焼け止めの正しい使い方としては、まず、顔の場合は、両ほほや額、鼻、あごに適量のせます。

 

一度に大量に塗ろうとすると、ムラになってしまうので気をつけてください。

 

顔の隅々までよく伸ばしたら、もう一度、同じ量を重ね塗りします。

 

首は下から上に向かって伸ばし、耳や襟足も忘れないようにされて下さい。

 

体ともなると、直接肌に乗せ、手のひら全体で円を描くように広げます。

 

手や足の甲、体の側面なんかも忘れずに塗っましょう。

 

ウォータープルーフ(化粧品の場合には、通常のものより落としにくくなることが多いですが、近年ではお湯で落とせるというマスカラも売られています)の日焼け止めは、夏のレジャー(連休が続くと、お父さんは頭が痛くなるかもしれません)には良いのですが、肌への密着力が高いので、肌への負担も大きくなるのではないでしょうか。

 

塗り直す時間がある場合には、ウォータープルーフ(化粧品や時計、カメラなどに防水加工をしていることが多いですね)の日焼け止めは避け、2〜3時間おきにこまめに塗り直して下さい。

 

他の化粧品も同じだからと言って、どれほど優れた機能を持った日焼け止めでも肌にとっては異物です。

 

自宅に帰ったら、すぐにきれいに落として、保湿した方がいいでしょう。

子供の紫外線対策って?

最近では、母子健康手帳から日光浴の項目が削除されているのをご存知ですか?

 

昔は子供は日焼けをして、真っ黒なぐらいの方が健康的とされていました。

 

しかし、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)は皮膚がんや白内障などの悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を及ぼすことが知られるようになり、積極的に紫外線対策を行うようになってきているのです。

 

子供の頃に紫外線を大量に浴びてしまうと、大人になっての皮膚癌の発症率が高くなってしまうのです。

 

しかも、まだ若いうちに皮膚がんを発症しやすくなってしまうのです。

 

赤ン坊のうちから我が子の将来のために、親が気をつけてあげる必要があるのです。

 

1日のうちで紫外線量が最も多いのは、10時〜14時です。

 

その際間の外出は避けるようにしたら、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を浴びる量がかなり抑えられるだと言えるはずですが、子供達が一番遊べる時間帯でもあるはずですね。

 

部屋にこもらせて外へ出さないというわけにもいかないので、しっかりとした紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)対策を行うようにするといいでしょう。

 

まず、外出する時は帽子を必ずかぶるようにされて下さい。

 

その時、つばの広い帽子にすると良いですよ。

 

それから、大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)用の日焼け止めでは刺激が強すぎるため、子ども用の日焼け止めを塗るようにしてください。

 

ベビーカーで外出行う時には、ベビーカーに日よけをつけることも忘れずに。